BALDO×ループJJで飛距離20ヤードUP!

ドライバーの飛距離で悩むカッキーは85~90くらいで回る中級ゴルファー。

スピン量が多いのが悩みで、

スイングは悪くないのにMAX飛んでも240~250ヤード。

 

しかし!これが、

 

「ループJJ×BALDO」の組み合わせで一変!

 

シャフトはループJJのXシャフト(64000円税別)。→ループのHPはこちら

 

ヘッドはBALDO TTX StrongLuck420の8.5度。中古にて譲渡。→BALDOのHPはこちら

 

それまでカッキーのドライバーのスピン量は3000前後だったのですが・・・

 

これは以前のドライバー(FireのSシャフト×BALDO Competizione568の9.5度)での計測データ。スピン量は3000前後。2500くらいまでスピン量が減ると250ヤード位飛ぶが、平均すると230~240ヤードくらい。

 

これが・・・道具でここまで変わる!

 

ループJJ×BALDO TTX8.5度での計測データ。スピン量が激的に減っているのが分かる。

 

スピン量2000前後まで激減!

全体的に20ヤード飛距離UP!

 

カッキーのヘッドスピードは42~43m/秒くらい。

それでもスピン量が2000m前後になれば

260~270ヤード位飛ぶようになります。

(飛距離は「ボール初速」「打ち出し角」「スピン量」で決まる)

 

まずは自分のスイングのデータを知ることが大事です。

ドライバーもヘッドとシャフトの組み合わせスイングとの相性が大事。

 

アンブロックスではデータ計測・スイング分析もやってます!

あと10ヤード飛距離を伸ばしたい・・・という方は是非ご来店下さい!